読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroinnのブログ

30代 夫が脳腫瘍(ガン)で他界。あなたに会いに行くまでの日々をどう暮らそうか‥‥

空の世界

あの世や魂 グリーフケア 夫と繋がっている 私の心や日常

先日のあの世の勉強(講座)では、

老子の話から、お釈迦様が言いたいこと、

など、

そして、前から分かっているようで全く理解できなかった「空(くう)」についても、

とても分かりやすく学べた。

 

空については、もう7年くらい前からちょっと分かっているようで、全く分からなかったから、

理解できて、すごく嬉しい。

 

【色即是空】

の意味もよく分かった。

 

私なりに言うと

自分の解釈で現実を決めてしまわずに、

あるがままをみよう

 

ということ。

 

色=解釈

空=あるがまま

 

 

人は、

自分の生きてきたなかでの固定概念で解釈をして、それを「現実」として受け入れる。

 

例えば、

夫が亡くなった

と、いうことは起こったあるがまま(空)だが、

それに対しての解釈(色)は、人によって違う。

 

私は絶望して、早く夫のところへ行きたい、と思ったが

 

人によっては、

彼の分までしっかり生きるぞ

と、思う人をいるだろう。

 

 

「解釈」というのは、

人によって違う。

 

自分の解釈だけをみないで

あるがままを受け入れ、

自分の力以外の目には見えない大きな力に身を委ねてみなさい。

 

という事。

 

努力しなくていい、とかじゃなくて、

そんなに自分の力だけで世の中出来ていないよ、

ということだよね。

 

う~ん

うなるぅ…

 

私は傲慢だから、自分が、がんばって努力して、何とかならないか、と思ってきたし、

夫を治すことも必死で、今から思うと

自分(と夫)以外の力には頼っていなかった、

そして治せなかったことも自分の力不足に愕然とするのだけど…

 

私の力なんて、元々無いようなものなのに、

自分がどんだけの者なんか?

はぁ、ため息…

 

そして夫が生きていた時にもっと俯瞰して

全てが繋がり、作用しあい、成り立っている

ということに、

気がついていれば、

何か違ったように思う…

 

あ、こう思うのも

結局は傲慢なんだよね…

 

私の傲慢ヤロー!!!

 

帰りは、もうクタクタで、

こんなんじゃ満員電車乗れん…

と、思って

 

これ食べて↓
f:id:hiroinn:20170306014226j:image

 

また、乗り継ぎで、

まだ駄目だぁ…と、

 

これ食べて↓
f:id:hiroinn:20170306014348j:image

 

で、

また頭冴えてきて

 

帰りの電車は、復習しながら

帰ってきました。

 

 

あの世の夫と、

私は繋がりながら、

これからも一緒に暮らしていきます。

 

あの世の勉強

あの世や魂

明日、あの世の事を学びに行く。

 

先月、違う先生(医師)の霊魂の講座へ参加した時に、

量子力学的な映画らしく、

明日もこの話が出る様子な、

映画【マトリックス

を予習のため、

レンタルして見た。

 

 

 

15年以上前に、少し見た事があるが、

(すぐ爆睡)

夫と死別し、量子力学を学びはじめてから

見ると…

 

驚いた!

これを作った人は、この時にすでに

こんなことを知っていたんだ。

 
f:id:hiroinn:20170303220200j:image


f:id:hiroinn:20170303220230j:image

 

頭で考えるな。知るんだ。

 

心を解き放つんだ。

 

心が現実にする。

 

スプーンなんて無い。

 

 

これから先は、お前次第だ。

 

 

もっと素粒子、周波数のこと、を学んだら

 

今見た以上に、深く、

そして意味が分かるのだろう。

 

しかし…

AIの脅威は、今の時代タイミング的にも

鳥肌が立った。

 

美味しくないラーメン

夫と繋がっている 夫の好物

夫とよく行っていた店には

行けないところが多い。

 

行くのが怖い。

 

行ける店と、行けない店があって、

その違いは最近自覚してきた。

 

夫がその店へ行くのを楽しみにしていたり、

行ってとっても喜んでいる姿の記憶があふれでる店には、行けない。

 

 

今日は、日常的によく行っていたラーメン屋さんになぜか引き寄せられて、

(今までは絶対避けてたのに)

でも怖くて、とても悩んで、グルグル車で回って、でも夫が行こう!って言ってる気がして、

「えぃっ!」

と、入ってみた。

 

夫が頼んでいたラーメン。

 

f:id:hiroinn:20170303004707j:image

 

美味しくなかった。

驚いた。

 

 

とても虚しくなった。。。

 

ここへ一緒に来ていた時は、

私はリラックスして、ウキウキしてて、

いろんな話して、

思ったこと、考えていること、

沢山おしゃべりして…

 

楽しかったなぁ。

本当に幸せだった。

 

 

今は全く違う世界に住んでいるようだ。

 

思い知らされる。

 

 

でも、完全な1人っていう感覚ではなくて、

私はいつも夫と繋がっているから、

ラーメン食べさせてあげたり、

夫がふざけてきたり、

そんな風に楽しんだ。

 

ね。

 

 

今日出会った文章

魂に響く文章

生きていても大丈夫だし


死んでも大丈夫

 

この世界を

「わたしとして楽しむ」

 

 

こう思えたら

 

全てが解決する気がする。

 

 

死んでも大丈夫       かぁ。

 

夫は大丈夫だったらいいなぁ。

 

 

生きてる、死んでるなんていう

垣根が無かったら良いのになぁ。

 

孤独との向き合い方

私の心や日常 魂に響く文章

 

孤独に耐え
自分を発見する
 

お金がないのも不安だが、 

孤独はお金では解決できない。

 

孤独とのつきあいが、

最も勇気の要る仕事である。

 

人は1人で生まれ、1人で死ぬ。

 

老年になったら孤独に耐え、

孤独がもたらす時間のなかで

自分を発見しよう。

 

誰もが生きる「ささやかな人生」の

偉大な意味を見つけることが 

人生を成功させる鍵になる。

 
f:id:hiroinn:20170302184253j:image

 

老年じゃないけど…

 

この文章に、納得。

 

 

孤独がもたらす時間のなかで

自分を発見しよう。

 

うん、孤独は激しく自分と向き合い

自分を発見する。。

 

嫌になるくらい自分を知ったりする。

 

ワケわからなくなる時もあるけど。

 

 

 

人生の偉大な意味

これから見つけられるのか不安だ。

 

 

だけど、

夫に会いに行くまでは

探してみよう。

 

探すしかない。

 

感謝の涙

私の心や日常

前の記事で書いた夢を見てから、

すぐに仏さんに座って

般若心経を唱えた。

 

こんな夢を見させてくれた感謝の気持ちで。

 

今日は実家へ泊まっていたから、

実家の仏壇に。

 


f:id:hiroinn:20170301135510j:image

 

そしたら

感謝の涙が溢れて、溢れて。

 

(夫)○○○、守ってくれて、導いてくれて、ありがとう。

 

ご先祖様、ひいおじいちゃん、ひぃおばあちゃん、いつもありがとうございます。

 

溢れ出た。

 

気持ちも、涙も。

 

夫への感謝、愛、はもちろん

ご先祖様からの導き

恩恵

そして今あること、これからがあること、

何か託されているような、

そんな感謝が沸き起こった。

 

私は恵まれている。

幸せなんだ。

 

ありがとう。

 

幸せな夢

夫の夢

意識無く、

いろんな管に繋がれている夫が、

目が覚めたかのように

もぞもぞの、鼻の管を抜き出した。

 

「!!!?」

 

私はびっくり仰天!!!

 

目を開けて(!!)

 

私と目を合わせて(!!!)

 

もうハッキリとは忘れてしまったけど

 

「○○へ行こうかなぁ、って思う」

 

みたいな事を言って、

 

私といつも通り雰囲気で

じゃれあって、

ふざけあって。

 

 

最高に嬉しい。

 

奇跡はやっぱり起きるんや!!!

って思った。

 

 

その時の夫は、病気する前の外見。

髪の毛もあり、顔も生き生きしていて

もう見るからに、元気な夫!

 

その現場は、なぜか私の実家で、

仏さんの前に布団しいて

夫が寝ていた状況で。

 

みんなにも合わせた!

 

みんなー!!

 

って呼んで。

 

そこには

 

私の両親、弟、姪っ子たち、

夫の友人R君と、Y君もいて。

 

夫が私に

「冷たいお茶下さい」

って、いつもの感じで、言ってくれて

 

すごい嬉しかった。

 

 

そんな復活の時に、

私は仕事が入っていて

家で仕事してるから、お客さんが表れて。

 

仕事を少し恨んだ。

 

展開がぐちゃぐちゃだけど。

 

最高に嬉しくて

現実ぽっくて!

 

そんな気持ちのまま

目が覚めた。

 

目の前には

いつも一緒に寝ている夫の写真があった。

 

 

 

 

でも、奇跡はまだ起こるんじゃないか。

私にそんな気持ちにさせてくれた夫に感謝だし、これにメッセージだと思うんだ。