hiroinnのブログ

30代 夫が脳腫瘍(ガン)で他界。あなたに会いに行くまでの日々をどう暮らそうか‥‥

フラッシュバック

夫が、苦しむ姿

 

死への恐怖と戦っていたであろう時間

(喋ることも、手を動かすことも出来なくなった)

 

フラッシュバックして

 

私の身体がおかしくなる。

 

頭から内蔵の隅々に

黒い泥か絵の具か、

何か恐ろしい液体が流れ込んで、

埋めつくしていく恐怖で

パニック、動悸、息苦しい。

 

吐き気がする。

 

 

足は地についていない。

 

震える、冷たい

 

 

もうこれ以上書けなくなってきた、

私が飲み込まれる

 

 

「がんばったね〰!!!

怖かったよね〰!!」

 

と、夫の名前を叫び、泣く。

 

夫の気持ちに成り変わって、悔しくなる。

 

 

ふと、気がついた。

 

 

私も

 

がんばった〰

怖かった〰

本当に本当に、怖かったよ〰

 

これ、自分の気持ちなんだ。

 

自分の気持ちでもあるんだ。

 

こんな気持ちがあることさえ、

今まで自覚してなかった。

 

 

心からの声。