読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroinnのブログ

30代 夫が脳腫瘍(ガン)で他界。あなたに会いに行くまでの日々をどう暮らそうか‥‥

とても悩んでいる

夫と繋がっている 私の心や日常

自営の店は、結婚してからはじめた。

 

店をするために、それまで修行してきたし、

始めてからも、のめり込んで

仕事が趣味とハッキリ言えるほど、

一生懸命やってきた。

 

はじめ夫は私が一人で店をはじめることに、

 

「扶養の範囲内で働いて、

家事もやってくれる方がいい」

 

と、言っていたが、

 

私の仕事に対する情熱、努力を

側でみてきて、

 

そして順調に人気も安定してきて、

 

そんなことは一切言わなくなった。

 

夫の病気が発覚してからは、

私は仕事を減らしたくて、

夫の事をもっともっとしたくて

治すための勉強や探し回る時間も

もっともっと欲しくて、

 

「仕事を減らそうかな、と思うんやけど」

 

と、言うと

 

「今の生活で満足してるし、働いて欲しい。」

 

と、夫は言った。

 

このやりとり、十回以上やったなぁ。

 

そうか~、お金の事もあるしなぁ、

と思ったけど

 

それよりも、

自分のせいで私が仕事をセーブするのが

悲しかったんかな、と思う。

 

 

今、店は

もともといたスタッフ一人で営業してもらっている。

 

私は

夫が他界してから

店に立てない。

 

裏方仕事をしているが、

布団から起きられないことも多い。

人にも、会いたくない。

 

 

私が店に出られなくても

夫が沢山たくさん協力してくれて完成したこの店は

閉めたくなかったから

何とか営業してきた。

 

 

でも、スタッフの負担も大きいようで

このままスタッフ一人で続けていける状況ではなく、

もう店を閉めて、ゼロにするべきなのかな、

と悩んでいる。

 

 

そんな気持ちを正直にそのまんまスタッフに話してみた。

 

スタッフもそんな話が出るかな、と思っていたとの事。そして、それが良いかも、と。

 

話して、

一晩たつと、

やっぱり怖い!

もうこれ以上大切にしてきたものを、なくしたくない!

 

と、いう怖さが襲ってきて

苦しい。

 

店も

常連のお客さんも

関係を築いてきたスタッフも。

 

失いたくない。

 

 

本当に何にもなくなる。

 

でも、しがみついているから

ゼロの自分になれず

 

もうこれまでの私ではないのに、

もともとの夫と生活してきた状況(店)を手放せないのは、

自分にとって、良くないことなのか?

 

これまでのように、

仕事への情熱はなく

 

これがやりたいことなのかさえ、

分からないのに。

 

分からない。

 

でも、失いたくない。

 

 

怖い。

 

 

どうせ、失うのなら、

どうせ、閉めるのなら

ダメもとで、自分が店に出てみようか。

 

 

自殺前の

【死ぬんだったら、

死ぬ気で一回生きてみたらいい】

 

みたいな。

 

 

人とのふれあい

仕事をする、ということ。

 

絶対嫌だった。

絶対今は出来ない、と思ってきた。

 

自分の体調、精神不安。もある。

 

とっても不安だけど、

一回仕事復帰してみようかな。

 

それで、やっぱり出来ない、

ダメだったら、

その姿をさらけ出してしまうけど、

その時は、店を閉めよう。

 

 

 

やってみるよ。

 

これも、あなたの導きだということ

分かっている。

 

 

あなたの想いものせると、

私は強くなれる。